- 機能 -

登録について

●グループ

グループは公開グループと非公開グループを作ることができます。
公開グループ・・・クラス別、地域別などのグループ
非公開グループ・・・教職員、PTA役員などのグループ
公開グループは保護者(メール受信専用会員)が空メールか登録する際に携帯電話に表示するグループになります。

グループはいくつでも作成できます。

●保護者登録

保護者(メール受信専用会員)はQRコード、空メールから各自、携帯電話から簡単に登録ができます。

●修正・退会

保護者(メール受信専用会員)は各自、携帯電話から修正、退会することができます。

●管理者登録

管理者が会員登録をすることもできます。

 

 

送信、受信について

●携帯電話からの送信

パソコンからだけでなく携帯電話からも送信ができます。

●メール送信先

メールの送信先は以下から選べます。
1. 個人  2. グループ  3. コミュニティ全体 等

●メール送信方法

開封確認あり、開封確認なしの2種類の送信方法があります。

●再送信

「開封確認あり」で送信した場合、メールを見てない方だけに再送信ができます。

●メール送信数

メールの送信数は1ヵ月に20,000通(最大30,000通)送信することができます。

●メール送信者

メールの送信権限を通常会員に与えることもできます。

●メール送信権限

通常会員の送信先制限を設定することができます。

●返信メール

配信されたメールに返信することはできません。

 

セキュリティ、個人情報保護について

●申込みコード

空メールからお申込み際、セキュリティのために申込みコードを設けています。
申し込みコードを知らない方は登録をすることができません。
また、申込みコードは管理者で変更することができます。

●暗号化

パソコン、携帯電話から送信するメールは通信暗号化(SSL)がされています。

●送信メールアドレス

送信側のメールアドレスは配信側に表示されず、システムのアドレスが表示されます。

●保護者メールアドレス

システム内の保護者のアドレスを管理者にも非開示にできます。

 

年度末処理について

新年度を迎えるための、登録会員の修正・異動も容易に行うことができます。

 

コミュニティ機能について

■特徴

  • 掲示板、日記、整理箱、施設予約等7つの機能から必要な機能を選択して利用することができます。 
  • パソコンでも携帯電話でも利用できます。
  • 「携帯メール連絡ツール」とは分離して利用できます。(携帯メール連絡ツールに登録する会員とコミュニティに登録する会員は別の構成となります。)


■導入メリット

  • 学校の教職員、PTA役員の情報伝達・交換ツールとして利用できます。
  • 学校主催の生徒を対象としたコミュニティとして利用できます。

 

連携機能について

■ 特徴

  • 複数の学校と各学校のシステムを超えて連携することができます。
  • 連携した教頭先生は、コミュニティの予定表、掲示板、整理箱、アンケートが利用できます。

 

■ 導入メリット

  • 通信費の大幅な削減が可能です。
  • 参加者全員の意見を共有できますので、会合の回数を削減できます。

一括入力機能について

■ 特徴

  • 教育委員会や警察と連携することにより、緊急情報をいち早く入手することができます。
  • 配信された情報は、グループウェアの掲示板又は整理箱に入力されます。
  • 管理者の設定により、自動でその情報を管理者の携帯電話に転送することができます。
  • 配信された情報は、「携帯メール連絡ツール」により、会員に配信することができます。パソコンはもちろん携帯電話からも配信が可能です。


■ 導入メリット

  • リアルタイムに情報を保護者まで配信できます。
  • 学校単位の判断により配信するため、無駄な配信がありません。
  • 低コストでネットワークを構築できます。