- 活用方法 -

便利な活用方法

■PTA・学校の連絡網として
○ 修学旅行の帰路で学校につくのが遅れそう。

保護者の方にバスの中から携帯電話で一斉配信

開封確認機能※1で未開封者に再送信※2

再送信しても未開封者の方には個別に電話連絡する

 ○ 「PTA役員の研修会を来週水曜日に行う予定であったが、来週金曜日に
変更となりましたので、お知らせいたします。」

一人ひとりに連絡するのでなく、メンバーに一斉に配信できるので大変便利

■PTA・教職員・町内会役員・老人会役員の連絡網として
「来週の役員会は不審者対策について話し合いたいと思いますので、
事前に防犯マップを作成しておいて下さい。特に注意を要する場所に
ついては、協議しますのでよく確認しておいて下さい。 」

事前に会議の内容がわかるので、心構えと準備ができて有意義な会議
になる

■PTA役員から不審者情報の一斉配信
「本日午後3時頃、○○公園で小学校1年の女の子が遊んでいたところ、
セーラームーンの服を着た中年の男に声をかけられ手を引っ張られそうに
なった。ということがありました。
この服装をした人を見かけたらお知らせください。」

携帯メール連絡ツールで、PTA・教職員・町内会役員・老人会役員・婦人会
役員等に一斉配信

情報を集約し、関係機関に連絡、協議する

■PTA役員・学校担当者から災害情報の配信
「台風14号の影響で河川の堤防が決壊して住宅が浸水する恐れがある
ので、本日は臨時休校にします」

「登校する前に、携帯メール連絡ツールで連絡が入るので本当に助かる」


※1 開封確認機能・・・ メール受信者がメールを閲覧したかどうかをメール送信者
が確認できる大変重要な機能

※2 再送信・・・メールを閲覧していない人に対してボタン一つで簡単に再度メール
を送信することができる機能

活用例

岡山県  岡山市立大野小学校PTA

〜子供たちの安全・安心のために〜

 

不審者情報の配信をメインとして携帯メール連絡ツールの導入をしましたが、修学旅行の安否情報、本日のプールなしのお知らせメールの配信にも利用しています。
その他にも地域クリーン作戦の案内など、プリントの配布とメール配信の両方でお知らせをすることにより、以前より参加される保護者が増えました。
緊急情報や不審者情報などの大切な情報は受信者の開封状況が確認できる「開封確認あり」メールを全校宛てに送信をし、メールを受信した各地域の部長が携帯メールに参加されていない保護者に地域連絡網の電話連絡を回す!といった様に「開封確認あり」「開封確認なし」のメールを使い分けすることで携帯メールに参加されていない保護者にも大切な情報が伝わるようにしています。

   

岡山県  岡山市立岡南小学校PTA

〜家庭と学校を結ぶパイプとして〜

 

不審者情報や緊急情報の連絡を目的として「携帯メール連絡ツール」を導入しましたが、現在では学校行事やPTA役員会のお知らせ、泊を伴う行事の安否情報など、保護者の生活に役立つ情報を月に2〜3回配信しています。
学校行事のお知らせ等はプリントを配布していますが、2、3日前にメールでお知らせをすることで、「忘れていたのでメールを貰ってよかった」などと保護者に喜んで貰っています。
メールを配信するようになり以前より行事に参加をされる保護者が増えたように感じられ、先日の参観日では特にお父さん方の参加が増えたように感じられました。
また、緊急時の一斉下校には子供たちの見守りに参加をして下さる保護者が多数いらっしゃり、導入してよかったなと思っています。

   

香川県  さぬき市立松尾小学校

〜登録会員の情報連絡ツールとして〜

 

USAGIコミュニティには不審者情報や緊急情報を受けるだけの「メール受信専用会員」とIDパスワードを持ち情報配信できる「通常会員」の2種類の会員があります。
本校では全教職員を「通常会員」として登録しているため、クラス担当の教員がクラスごとにも配信することができます。クラスごとにプリント配布の案内など細やかな情報を保護者に伝達できるので、保護者にも大変喜んで貰っています。
また、メール機能以外には、整理箱にメール送信文章の雛形の保存や、予定表で学校行事の確認をするのに利用しています。
今後は教員だけでなくPTA役員も「通常会員」として登録することで、PTA役員間で掲示板やアンケート機能を利用することにより、短時間で意見の集約ができ、より円滑なPTA活動ができるようになると思っています。

   

岡山県  岡山市立藤田中学校PTA

〜様々な情報の配信ツールとして〜

 

不審者情報の配信の為、6社のシステム会社を検討しました。その中で岡山県PTA連合会の推薦で機能的にも価格的にも手頃だった為、「USAGIコミュニティ」の携帯メール連絡ツールに決めました。
不審者情報の配信の他にプリント配布案内やコンクール等の実況案内、地域のパトロール隊へのお願いやお礼のメールなどを月に4〜5回送信しています。
先日は2年生が一泊二日の広島自主研修の時、現地から子供たちの安否情報、帰りのサービスエリアから到着時刻の案内を送信しましたが、パソコンが無い場所でも携帯電話から送れるので大変便利です。保護者にも「子どもの様子が良くわかるし、安心できる」と大変喜んでもらっています。